パリの最先端を走る人物を
取り上げるパリコネクション。

 

毎週、映像を見るだけで、
フランス社会でも規格外な女性たちの

 

成功の秘訣、
輝きの秘訣、
愛される秘訣、

 

をあなたの生活に取り入れることができます。

 

今回と次回、特集する人物は
ステファニー・クデールさんです。

 

ステファニー・クデール(Stéphanie Coudert)

 

2004年、パリコレでデビューを踏んだ後に、
パリ郊外や、20区のベルヴィルなどで、
注文服を作っていた彼女は、

 

2014年、再デビューを果たします。

 

オートクチュールパリコレクションでは
このように紹介されています。

 

新しいオートクチュールの傾向をさらに強く押し進めたのが、注目の新人ステファニー・クデールだ。切りこみを入れて量感を出す珍しい手法で、袖口など細部にはっとするような工夫を加えた作品は、シンプルだが実に丁寧…

引用:http://www.asahi.com/and_w/fashion/SDI2014071811851.html

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-11-52-41

 

パリコネクションは、
そんな彼女のインタビューをお届けし、
ライフスタイルと哲学を紹介します。

 

まずは、彼女のライフスタイルと哲学を紹介する上で
その幼年期を外すことはできません。

 

流動する幼年期と砂漠の風景

 

1975年パリ生まれの彼女は
激動の幼年期を過ごします。

 

小さい頃、両親と一緒に、まずイランに、そのあと、イラクに住みました。イランには4、5歳くらいまでいて、その後すぐにイラクに行ったわけですが、当時はイラン=イラク戦争の真っ只中でした。

 

そのあと、9歳にフランスに戻った彼女は
「フランス人」でありながら「異邦人」となります。

 

その後フランスに戻りましたが、西洋文化という、また別の文化の中に入ったので、当
時は、学校で友達が話しかけてきても、話題によっては、彼らには共通の話題でも私には
何のことかわからない、ということもありました。

 

幼い時に見た砂漠の風景が
西洋文明を別の角度から
みるようにさせたのかもしれません。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-11-50-49

 

情報の砂漠で生きる現代女性

 

彼女が鮮烈なデビューを果たした後に、
その中心から退いたのはこのような理由からです。

 

パリを含め、西洋文明では、人々は、世の中がゴチャゴチャと乱雑になるようなものばかりを作り出しています。とにかく電波などの混雑ぶりが莫大な量になってきていて、ソーシャル・ネットワークという意味での汚染がどんどんと増えてきています。

 

この情報の洪水の中にいる私たち。
彼女は、夕陽のように浮かび上がる
女性たちのシルエットを洋服に託そうとします。

 

砂漠に沈む太陽の光に浮かび上がる女性たちのシルエット。そんな他では決して見ることのできない映像の持つ力強さ、それは、今でも私の中で生きています。それにどこか似たパワフルなエネルギーを、女性のために作っている自分の洋服の中に注ぎ込みたい、そう願っています。

 

現代の女性は、砂漠の波の中にあり、
そこに埋もれてしまいかねない生を取り戻す
その手段の一つに「服」があると彼女は言います。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-11-53-11

 

変わりながら自分であること

 

彼女は、オリジナルの一つだけの服を作ることに
こだわる理由をこう語っています。

 

絶対に忘れてはいけないのは、自分自身であること、つまりは、自分に自信を持つということなのです。そして、まさに、私は、自分の作る洋服に、それを託したいと思っています。つまり、もがくことなく、抵抗せずに、自分自身を信頼するということです。時代遅れでも、最高に美しいドレスであればいい。

 

彼女のこの「砂漠の波」の哲学」は、
自らの子育てにも反映しています。

 

1日の中の一部の時間をこうやって子供たちのために割いて。。。こういう生活は、私にとって、船に乗っている航海士のようなもの、です。航海士は、波が高い時、50m, 1km先で何が起こるのか予想できませんよね。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-11-53-48

 

彼女のライフスタイルには
現代人が忘れてしまいかねない要素を
思い出させてくれるように思います。

 

下記のビデオでは、彼女の生の声に触れ、
珠玉の言葉を堪能することができます。

 

あなたはどのような感想を持つでしょうか?

 

 

彼女の言葉でフランス語を
味わい、学びたい方は、FDSの無料体験をどうぞ。