blog

こんにちは。
織田です。

第十九回のビデオです。

今回から、表現のここのパーツから離れて、
相手に意思を伝える方法をお話していきますので、
気を引き締めてまいりましょう。

その第一回目は、「否定の表現」です。
人間は根源的に否定するところになりたちます。

子供も最初に憶える表現は拒否です。
拒否をしなければ、相手の言いなりになってしまいます。

フランス語で拒否ができないということは、そういうことです。
それくらい大事な表現方法で、それくらい重要な表現なので、
表現の第一回目として選びました。

ポイントは三つです。

1)基本的な否定
2)ニュアンスをつけた否定
3)否定冠詞

1)ができることが最低限ですが、
2)3)ができるようになってはじめて、
大人の言語使用者です。

3)が使える日本人はものすごく少ないのですが、
使えるとネイティブと間違われますので、
ぜひマスターして使いこなしてください。

これまでとうってかわって楽かもしれませんが、
否定できない日本人にならぬよう気持ちを引き締めて
授業を受けてください。

感想をお待ちしております。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。