blog

こんにちは織田です。
第二十六回の授業です。

フランス語の比較・最上級・強調構文についてです。

英語の文法だとこの三つを同時にやることは、普通ありえないことですよね。
「そんな無茶な!」と思う人もいるかもしれません。
たしかに、塾と予備校で英語を教えるならこれは不可能です。

ですが、フランス語の文法ではこれは可能なんです。
なぜなら、フランス語はこの表現に関しては、
とってもシンプルだからです。

英語だといろいろごちゃごちゃ憶えることが、
ありまくりですが、フランス語は違う。

この三つまとめて、公式4つと4つの特殊表現を憶えるだけ。

なんだか、ワゴンセールスみたいな話ぶりですが、
これだけやってしまえば、比較・最上級・強調構文で困ることはない。

ただ、これを身につけないと、複雑でぐちゃぐちゃした文章の前で、
うーんと唸ってしまうことになります。

今回の授業をきちんと受けて、
シンプルなフランス語の思考をマスターして下さい。

フランス語のほうが英語よりも、簡単で、美しいです。
そのときが感じ取れる日は近いはずです。

その日のためにも、最後の簡単な宿題もこなしてくださいね。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。