blog

こんにちは。織田です。
第三十二回目の授業をお届けします。

今回は過去の表現ということで、
半過去、単純過去、複合過去、大過去、前過去の五つをまとめて学習します。

こういうと、「本気でいっているのか?」と思う人もいるかもしれません。
フランス語の過去の表現といえば、文法項目のなかでも難所中の難所です。

数年やっている人でも、この五つがいったいどのようなものなのか、
瞬時に説明できる人は少ないと思います。

少なくとも、私は見た事がありません。
しかし、それは、はっきりといって、文法書が悪いのです。

まともな整理をせずに、ごっちゃごちゃと説明し過ぎです。

しかも、いまだに文法書の解説がまるで統一されていないという始末。
参考書ごとにいろんな事をいっています。
ですから、あなたが過去のこの五つの表現が、
わからなかったならば、あなたのせいではありません。

ですが、その日々は今日で終わりにしましょう。

単純時制と複合時制という軸。
完了と未完了という軸を二つ押さえて整理すれば、
意味はしっかりと理解することができます。

ごちゃごちゃとたくさんの訳や用法を
暗記するのではなく、話し手の気持ちをおさえてください。

ただし、暗記をしなくていいというわけではありません。
複合過去、大過去、前過去は暗記するものはありませんが、
半過去と単純過去の活用は覚えておかねばなりません。

そこまで大変な作業ではないので、
ビデオを見終わったら、十分程度時間をとって、
暗記作業をしてくださいね。

感想お待ちしております。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。