blog

こんにちは織田です。

『星の王子さま』で学ぶゼロからのフランス語文法会話講座、
第四回目です。

今日は形容詞です。

この形容詞をうまく名詞につけられると
相手に知的とか上品とか思われます。

何か名詞を相手にわたすとき、
素敵なコーティングができていると、
品がいいですよね。それが形容詞です。

これができないと、原始人のように、
ぶっきらぼうにものを渡すことになります。

フランス人が、あなたに対して、
品がない日本人だな。やれやれ。
この日本人は品があるな、賢い。。。

上のどちらになるのか。
今日がその分水嶺になります。
今日でその仕組みをすべて学びましょう。
規則はこれまでよりちょっと多いかもしれませんが、
これまで学んだ知識の応用です。これらがシステマティックに
組み立てられていく感覚をぜひ味わってください。

そして、もうひとつ、形容詞を前に置くときの気持ち、
形容詞を後に置くときの気持ちを学びましょう。
propreには二つの意味があります。

1)清潔な(名詞の派生語はpropreté「清潔清掃」)
2)自分自身の(名詞の派生語はpropriété「所有物」)

この話は仏検準一級以上の話ですが、
これを暗記するんだという不毛な勉強は、
もうさよならしましょう。

今日の話を軸にして正しく学習を積み重ねていけば、
数ヶ月後には、仏検一級レベルの形容詞知識が身についています。

楽しみにわくわくしながら、
知的な名詞表現方法形容詞学んでください。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。