blog

こんにちは。織田です。
読解編の第一回目の授業ができましたので、お送りします。

はじめにお断りしておきますが、
かなり難しいところまで話をした濃密な授業になりました。

ですので、この授業は、文法の授業を受けて、
予習をしっかりした人だけが価値を感じることができます。

それにはまじめないいわけがあります。
それは、今回の献辞と同様に三つあります。

一つ目に、もともと、ここで取り上げた文章が、
星の王子様のなかでも難しい箇所であることがあります。

他のところよりも、レトリックは多いですし、
癖があり、文法的に注意しなければいけないところが多い。
だから、必然的に難しくなったということがあります。

二つ目は、到達地点のイメージを持ってもらいたいこと。
簡単なレベルに慣れてしまうと、そこから出られなくなってしまいます。

ぬるま湯に入っていると、どうも寒すぎて外に出られない、
あるいは補助りんをつけていると自立できなくなる。
だから、一気に手加減なしの話をしました。

三つ目に、つらく厳しい文法編を終えたのであれば、
このレベルの話はついていくことができると信じたからです。

もちろん、先に述べたように難しい箇所です。
しかし、そこではじめて寝ている脳は目覚めるのです。
その脳の覚醒をしたいと思いました。

これらの理由は全部、4ヶ月後の未来のためです。
フランス語を読解するための脳を作るためです。
普通の人が三年かかってもできないようなことです。

それを何分の一で達成するには、この授業がどうしても必要です。
フランス語脳プロジェクト、いよいよ原文を読む作業に入ります。

わくわくして、読解に必要な知識を一つずつ身につけていきましょう!

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。