blog

フランス語脳プロジェクト読解編、
第11回の授業をお送りします。

今回のフィーチャーするフランス語の文法は、
接続法と間接話法です。

この文法項目は、前者は暗記主義に走る学習法、
後者は、直接話法から間接話法の書き換え問題の反復練習が、
従来の学習法であり、一般常識となっています。

ただ、これしっかりと使いこなすには、
逆の考え方が必要です。

接続法はできるだけ暗記をしない方向で、
後者は間接話法から直接話法に書き換える方向に、
学習の仕方をシフトする必要があります。

なぜに正しい方向で学習しないのか、
謎でしかたありませんでしたが、それは、
テストの問題を作りやすいからなんですね。
問題を作りやすく、採点もしやすい。

だから、こんな意味不明なことを大学ではやらせ、
語学スクールではやらせているんです。

こうした自己中心的で無意味な学習方法が
まかり通っているからこそ、日本人は喋れないのではと思うほどです。

たとえれば、逆立ちして、50m走りなさいと言っているようなものです。

実際、これまで、やったことなら分かると思いますが、
この練習法は、役に立たなかったはずなんですね。

今日、それが明らかに変わります。
接続法と間接話法の真の意味が明らかになります。

楽しみにして授業をごらんください。

そして、プロの読解力を身につけてください。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。