blog

フランス語脳プロジェクト読解編、
第12回のビデオをお送りします。

突然で申し訳ないのですが、
昔、国語力がありましたか?

本が好きだったとか、そういうのではなくて、
国語の入学試験問題がいつも正解してしまう、
そういう国語力です。

できなかった人は、なぜこんなにできてしまう人がいるのか。
不思議でならなかった経験はないですか?

その人は魔術師にも思えるかもしれませんが、
それには種も仕掛けもあります。

今日のビデオでは、その種明かしをします。

国語の力、すなわち、読解力は、
もちろん、フランス語を読むために必要なわけですが、
○○○○がわかっているかという話なのです。

この取り扱いが分からないと赤ちゃん同然の読解者です。
自分の主張しかできないただの赤ちゃんです。

他人に自分の主張を納得してもらおうと思うなら、
この論理使用法がわからないとアウトです。

しかし、逆に、この論理使用法が分かっていれば、
フランス語の読解なんて難しくはないんです。

この呼吸をわかっていれば、あなたは、
難しい文の構造だろうと、難しい単語の意味だろうと、
見抜くことができます。

一部の人には魔力のように思われている力。

魔術師とは、その論理をすべて分かっている知恵者のことです。
その力を今日の授業で手に入れてください。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。