blog

読解編も残すところ、
これを含めて3回です。

今回はそれにふさわしく、
歯ごたえがあり、レベルの高い話です。

「抽象名詞句」

なんともお堅い概念ですが、
これの処理ができるかどうかが、
プロなのか、シロウトなのかを区別します。

翻訳のプロの訓練をつんでいないかたの多くは、
ここらへんを知らずに、
シロウト的な訳をしています。

翻訳がかたいなと言う場合は、
だいたいこれが原因ですので、
ここらへんに注意してみてみるようにしてください。

逆に、難しめのフランス語の文章が理解しずらい原因は、
この抽象名詞句にあります。

この抽象名詞句こそが、
フランス語のなんともいえぬ、
硬質性や美しさを形作っているともいえます。

今日話した知識は、
ここを砕いて、理解し、訳す技法です。

ぜひ見につけておいてください。

もうひとつ、
「条件法第二形」も重要です。

これを知らないと、とくに小説の読解で、
意味不明な箇所を残してしまうことにします。

ちょっとしたことです。

これは身につけておくというより、
少し知っておくというだけで十分です。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。