blog

こんにちは織田です。
第25回目の授業をお届けします。

今日のテーマは関係詞節です。
この関係詞節は、中学校以来の学習習慣も手伝って、
なんだか、どうも複雑に考えている人が多い。

しかし、朗報ですが、フランス語の関係詞は、
英語よりはるかにシンプルです。

だから、英語みたいにパズルみたいに二文に分解して、
考えるという必要はありません。

翻訳をするうえでは、そういう風に、
スローにじっくり考えてもいいのですが、
ネイティブはそんなことは考えていません。

また、早く読むときにも、そういうパズル読みの習慣が抜けないと、
読むことがいつまでたっても遅いことになります。

関係詞節は基本的には名詞の説明ですから、
そこを見失わないように、読んでいけばいいわけです。

この名詞の説明なんだな、何かが足りないんだな、
これか、文としてはこういう文が成立するな、
ということが分かったら、それでOKです。

今日の授業は、そういう風に頭を働かせるということを
話しています。

これまでの習慣を変えることは並大抵のことではないのですが、
意識して練習すれば必ずできるようになります。

その点を注意して聞いてください。

今日の宿題としては、関係詞の7つのを全部言えるようになることです。

これが言えたら、関係詞の項目はクリアです。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。