blog

こんにちは織田です。
第二十八回の授業をお送りします。

今回は、分詞についてです。

現在分詞と過去分詞について、
徹底的にお伝えします。

分詞は細かい変化の作り方まで理解していない人が、
かなり多いところです。
しかし、その変化を理解していなければ、これから先は地獄になります。

次回からやる受動態、そして、時制のシリーズに入って行ったとき、
過去分詞はéで終わるものという理解だと、
ちんぷんかんぷんな形のオンパレードになってしまうでしょう。

私自身は、この細かいところまでしっかりと理解していなかったため、
一年半くらい文法嫌いでした。

全部例外だと思い込むのは、つらいものです。
ただし、ここの箇所はさっさと今日の時点で憶えてしまえば、
何の苦労もなく、これからの回を楽しんで聞くことができます。

だから、しっかりと今回のパターンについては、
憶えるようにしてください。

その代わりといってはなんですが、
分詞構文に関しては憶えるものは極端に少なくしてあります。

ただし、これは他にもあるものを省略したのではなくて、
シンプルにまとめなおしただけです。

従来の文法書だと、意味不明な用法を五つか、六つ
憶えさせられますが、分詞構文は、この三つの用法を
憶えておけば、それで十分ですし、応用が利くようになります。

文法規則にがんじがらめになるのではなくて、
応用がきくフランス語脳を一緒に作っていきましょう。

それでは。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。