blog

こんにちは。織田です。
第34回の授業です。

今回は条件法がテーマです。
この項目、時制の中でも最も重要です。

この条件法は、話し手が、
それは事実では「ない」と考えているものです。

つまり、否定が入っているんですね。
事実の裏返しを語る方法です。
したがって、ここを曖昧に理解していると、
否定されているのに肯定されていると受け取ってしまいます。

この条件法を不十分にしか理解していないと、
事実をあべこべに受け取ってしまうというわけなのです。

ちょっとした語尾の変化で大変な違いがあります。
さらに、この本質を理解する事で、
条件法のもう一つの重病な用法も理解できるはずです。

この用法は従来の文法書にはあまり書かれていませんが、
きわめて重要な内容になります。

私の言葉ではなく、他人の言葉だということを示す条件法です。
これを知らないと、反論するために引用された文を、
筆者の主張として受け取ってしまいますね。

そうなれば、文章解釈はがたがたになります。

以上を一言で言うと、条件法の本質を理解していなければ、
意味をあべこべに受けとったり、間違って受け取ることになるということです。

本当に重要な内容です

最後まで集中して聞くようにしてください。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。