blog

こんにちは織田です。
第三十三回の授業ができましたので、お送りします。

今回は、現在・未来・過去の表現の復習回になります。

とくに前回がヘビーな回だったこともあって、
練習問題は軽めに作りました。

ちなみに前回の授業を聴いて難しいと感じたら、それは正常です。
前にも言ったように、過去時制を一回でやる事自体、無茶なんです。

複合過去、半過去で一回、単純過去と大過去と前過去とで一回、
というのが相場です。

だから本来はありえない。だけれども、一回でやると
知識をコンパクトにまとめられるという利点があります。
その利点をとったというわけなのです。

また、文法中心主義的な学習だと、そのドリルばかりに
エネルギーを費やすわけですが、あなたはその必要はありません。

これまで私たちは動詞の活用について、
相当トレーニングを積んできました。

ですから、形について、そこまで
エネルギーを費やす必要はないはずです。

今はすぐにでてこなくても、二、三回復習すれば、
問題なく出てくるようになっているはずです。

だから、今回はその暗記作業に時間を費やさなくても、
ぜんぜん大丈夫です。
今回押さえてほしいのは、語り手の気持ちです。

この時制の本質を理解しなければ、
時制は勉強した事にならないと言ってもいいくらいです。
いつまでたっても時制を使えるようにはなりません。

ですので、今日は授業を聞いた後は、
「語り手の気持ちが言えるかどうかを空で言えるか」。

このことを授業を終わった後の課題にしてください。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。